ハーブガーデンシャンプーの成分を解析!全成分からわかる優しさ

ハーブガーデンシャンプーの成分解析 ハーブガーデンシャンプーの全成分と成分解析

ハーブガーデンシャンプーを化粧品成分上級スペシャリストを持つ私が成分を解析しました。

ハーブガーデンシャンプーは優しい成分で作られているのか、安全性などが気になるならお役に立てるはずです。

ハーブガーデンシャンプーの成分を解析

こちらがハーブガーデンシャンプーの全成分です。

水(オーガニックハーブティー)ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココアンホプロピオン酸Naグリセリンコカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクKサピンヅストリホリアスツ果実エキスヤシ油、アルガニアスピノサ核油フムスエキス(フルボ酸含有)シンジオフィトンラウタネニ核油、バオバブ種子油、ユチャ油ラフィノースアロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クエン酸、加水分解シルク、ポリクオタニウム‐10、センブリエキス、ユズ果実エキス、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

わかりやすいように簡単に色分けしました。色の分類はこちらです。

  • 水色…保湿成分
  • 薄いオレンジ…油性成分
  • 薄い黄色…界面活性剤

ハーブガーデンシャンプーの成分解析の総評を先にお伝えすると販売されているものの中では最上位クラスに成分に優れています。

理由はノンシリコンでアミノ酸や自然由来の界面活性剤を使っていて無駄な成分がないからです。

防腐剤、着色料、合成香料、石油系界面活性剤が一切含まれていません。

ハーブガーデンシャンプーは質が高い界面活性剤が使われてるのが特徴的

界面活性剤=悪みたいな商法が流行っていますが、界面活性剤自体はシャンプーには基本的に含まれています。

理由は髪を洗う洗浄が得意なのは界面活性剤の一種である陰イオン界面活性剤の得意技だからです。

ただ、界面活性剤にも色々種類があって肌や髪によくないとされるのが、石油系などをはじめとする合成界面活性剤。

一言に界面活性剤といっても『質』があります。

例えば、お米にも激安だけどあまり美味しくないものもあれば、魚沼産コシヒカリのような美味しいブランド米もありますよね。

ハーブガーデンシャンプーに使われているものはどれもアミノ酸系や植物由来のもので髪も地肌にも優しく作られているのがわかります。

つまり、ハーブガーデンシャンプーは質の高い界面活性剤が使われているということです。

まとめ

ハーブガーデンシャンプーはシャンプーの質を左右する界面活性剤に質が高いものが使われていて、ノンシリコンや無添加にこだわりを持って作られている質の高いシャンプーです。

ハーブガーデンシャンプーの口コミや評判、レビューはこちらでお伝えしています。合わせて参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました